ももにゃんのチラシの裏的Blog NEW
「チラシの裏にでも書いとけ!!」っていうくらいの雑記。2010年から一行日記を書いてみる。長文はmixiにて公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





起こったことをありのままに…

話せません。とにかく凄い!ありえない時間でした。

BillboardTokyoにて「SMV」のライブに行ってきました。StanleyClarke,MarcusMiller,VictorWootenの3人のユニットです。ベーシストにとっては夢のようなユニットですが、逆に「どんな音楽になるのか?」という疑問もあったりします。この辺はCDを聞いてもらえればきっと雰囲気はつかめると思います。

が…

ライブはCDでの想像を遥かに越えた演奏の数々…。ベースにおけるテクニックがぜ~んぶ見れたんじゃね?とうくらいにとにかく盛りだくさんでした。

以下、ネタばれありで。大阪公演も残っていることですし。

番外:BilllboardTokyoが1周年記念ということで限定のピザがあったのですが、コレがまたおいしかった~♪
私としては、1曲目のマーカスの最初の一発目でKOされそうな音圧というか雰囲気というか…。マーカスはベースだけでなくバスクラリネットやサックスも演奏。そんな多彩な演奏もありますが、やっぱりスラップは天下一品ですよ。バッキバッキなサウンドでご機嫌☆マーカスをフューチャーしたコーナーでは「RunForCover」(で、あってるよなぁ…)を演奏してました。これがもう感動!

スタンリークラークはピッコロベースとウッドベース。大きな体にかわいいピッコロがなんだか妙にマッチしてました。基本的にはピッコロで演奏してましたが、ソロでのウッベが圧巻!最初は弓で穏やかな旋律を弾いていましたが、その後は指弾きですさまじいソロをやってました。どうやって弾いてるかわかんないし、途中で本当に一人か?と周りを見渡してしまったくらい、いろんな音が聞こえるんですよ。

ウッテンは2本ベースを用意してありましたが、終始「Yin-Yan」。以前、ウッテンが「アメイジンググレイス」を演奏しているのをYoutubeでみて開いた口がふさがらなくなったんですが、それに匹敵するくらいのソロを聞かせてくれました。自分で弾いた音を録音してそれにどんどん音を重ねてさらに録音して…いくのですよ。どんどん世界が広がっていく感じ。そしてそれをラストにストン!をなくしたあの瞬間がまた鳥肌モノ。後でエフェクター見たら…GT-6Bでした。お揃い♪

ソロももちろんすごいんだけど、3人のアンサンブルにドラム・キーボが入っての掛け合いも凄かったよ。3人並んで弾いてるところとかめっちゃかっこいい~。時々見せるアイコンタクトとか、ちょこっと会話したりしてる姿もまたかっこいい。

っていうか自分でも何かいてるんだか分からないくらいになってきたけど、もうそれくらい感動でした。大満足です!やっぱりベース好きだぁ~!!って思いました。
誘ってくださった方に感謝感謝です。行ってよかったぁ♪




この記事へのコメント
いいな~ももにゃん。ビルボードいかれたのね!!!
あっこは敷居がたかくてなあ・・・・・・。
耳もおなかもいっぱいだね(笑)。
おぽんち | 2008.09.14 20:46 | edit
おぽんちさん>
私もひとりじゃ行けません(^-^;
見たいと思っていながら躊躇してたんですよね、実は。私の中でBlueNote・Billboardは二台巨頭です(笑 
でも、いって本当によかった~♪
ももにゃん | 2008.09.15 01:42 | edit
名前
メール
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。